« シャガール ロシア・アヴァンギャルドとの出会い@東京芸大大学美術館 | トップページ | もうひとつの場所-野又 穫のランドスケープ@群馬県立近代美術館 »

2010.07.08

中村研一の人物画 ~特別展示 新収蔵品「シンガポールへの道」~

2010年所蔵作品展 Ⅱ                                                                          
2010年所蔵作品展Ⅱ 中村研一の人物画 特別展示 新収蔵品 シンガポールへの道

中村研一(1895-1967年)は大正から昭和にかけて活躍した洋画家で、帝展や日展などいわゆる官展系を中心に発表を続けました。その堅実・明快な写実は昭和新写実時代を担うものとして高く評価されています。リアリズムの画家中村の本領が発揮されたひとつが人物画です。本展覧会では、パリ留学時の婦人像や新婚時代に描いた義父の肖像など初期の作例から、生涯を通し繰り返し描いた富子夫人像、そして晩年まで制作に挑み続けた裸婦像まで、中村の画歴を人物画に着目し展観します。

中村の画業のなかで特筆されるのが戦争画です。確かなデッサン力、なかでも卓越した群像表現の技量が問われます。中村は多くの戦争画を描きますが、当館コレクションの特徴は、その制作にあたり描きためたエスキース(画稿・構想図)や、戦地でスケッチした兵士像などが多いことです。本展では、これら展示機会の少ない貴重な資料とともに、新たに所蔵となった戦争画≪シンガポールへの道≫(1943年)を特別展示いたします。

7月17日(土)-10月3日(日)
開館時間:午前10時-午後5時(入館は4時半まで)
休館日:月曜日(休日の場合は翌平日)
観覧料:一般200円  小中学生100円 
※未就学児および障害者手帳をお持ちの方は無料

P1070249 P1070250 P1070253 P1070254
P1070256 P1070257 P1070267 P1070268

|

« シャガール ロシア・アヴァンギャルドとの出会い@東京芸大大学美術館 | トップページ | もうひとつの場所-野又 穫のランドスケープ@群馬県立近代美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14423/48861151

この記事へのトラックバック一覧です: 中村研一の人物画 ~特別展示 新収蔵品「シンガポールへの道」~:

« シャガール ロシア・アヴァンギャルドとの出会い@東京芸大大学美術館 | トップページ | もうひとつの場所-野又 穫のランドスケープ@群馬県立近代美術館 »