« 第55回一陽展@国立新美術館 | トップページ | 朝倉文夫—朝倉彫塑館所蔵—@東京藝術大学大学美術館 »

2009.10.02

異界の風景-東京藝大油画科の現在と美術資料-

P1050205 P1050206 P1050207 P1050209
P1050210 P1050211 P1050215 P1050219
P1050222 P1050224 P1050225 P1050226
P1050227 P1050228 P1050232 P1050236
P1050237 P1050238 P1050243 P1050244
P1050239 P1050240 P1050258 P1050249
P1050250 P1050251 P1050248 P1050252
P1050253 P1050271 P1050275 P1050287


Ikai
 

                                                                 
会期:2009年10月2日(金)-11月23日(月・祝)
月曜日休館〔ただし10月12日(月・祝)、11月23日(月・祝)は開館、10月13日(火)は休館〕
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場:東京藝術大学大学美術館

 東京藝術大学絵画科油画の企画する「異界の風景」展は、油画現職教員14名の作品約70点と東京藝術大学大学美術館収蔵の作品約100点によって構成される展覧会です。
「異界」を創造行為が発生する場をさす概念と定義し、表現が生まれる媒介となる「風景」を提起する試みです。東京藝術大学大学美術館の収蔵作品に対して、 油画現教員作家が油画において推し進める創作、研究、教育からの新たな視点によるアプローチを提示し、相互作用に基づく制作・展示を行います。
江戸後期から明治期にかけて、独自の好奇心と大胆な解釈とともに進められた遠近法の導入や、西洋画技法の解読によって描かれた実験的な風景画を現在の視点で読み替えることを試みます。
また明治期から現代に至る絵画作品を西洋の技法、思想を消化しながらも、いかに眼前の風景-日本の風土-と対峙し、模索して「風景」を組み立てていったのかという表現の方法論を検証します。
この「異界の風景」展が未だ描かれていない21世紀の風景に出会う契機となることを願うものです。

|

« 第55回一陽展@国立新美術館 | トップページ | 朝倉文夫—朝倉彫塑館所蔵—@東京藝術大学大学美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14423/46374545

この記事へのトラックバック一覧です: 異界の風景-東京藝大油画科の現在と美術資料-:

« 第55回一陽展@国立新美術館 | トップページ | 朝倉文夫—朝倉彫塑館所蔵—@東京藝術大学大学美術館 »