« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009.09.02

第94回 二科展 (主催:社団法人 二科会)@国立新美術館

P1040773_2 P1040775_3 P1040776_2 P1040777
P1040778 P1040779 P1040780 P1040781
P1040782 P1040783 P1040784 P1040785
P1040786 P1040787 P1040788 P1040789
P1040790 P1040794 P1040796 P1040797

第94回二科展が国立新美術館で開催します

2009年9月2日(水)~2009年9月14日(月)

今年も二科展会場の照明調整を行ってきました
今年は少し明るめの調整をいたしました、会場全体の雰囲気を考えると光の量が多い設定になっています
天井の間接照明の輝度感と実際の作品照度との差が大きいため照度的には十分とれていても相対的に作品が暗く見えてしまうことが原因
長い間会場にいると天井の輝度が高すぎて私はとても気になります。しかしお客様の多くは少し明るすぎると感じるぐらいがちょうど良いようです
調整の難しいところは天井の輝度を抑えながらお客様が暗く感じない会場を作るかになります
スポットライトを使用できるゾーンでは天井の輝度を抑え、間接照明だけで会場の明かりを取るゾーンは照度を1%刻みで調整して天井輝度をできるだけ抑えつつ作品の明るさ感が損なわれない設定を探します

理想的にはは天井の間接照明はあくまでも天井の明るさ感の演出用と割り切り、作品の明かりはスポットライトやベース照明から取るのが一番いいのですが、公募展のスピーディーな展示作業に合わせて会場すべてを個別にライティングすることは難しいでしょう

そんな難しい制約のなか最近は少しでも快適な明かり環境で展示を行おうとす団体が増え私共がお手伝いできるようになってきました。時間と費用をかけてより良い環境を望むお客様の期待に応え、本来の美術館の快適な環境を作れることに大変感謝いたします

素敵な作品たちを快適な環境で鑑賞できることがやはり美術館の最低条件
美術館の明かり環境 チェックしてみてはいかがですか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »