« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009.03.09

ゴーギャン展楽しみです@名古屋ボストン美術館

                                                               

38_01_6

                                                                                                                                                                                                                                                       
開館10周年記念
ゴーギャン展
我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか
                                                                                                                              
2009年4月18日(土)~2009年6月21日(日)
                                                                           

スペシャルサイトはこちら

もう少しでゴーギャン展始まります
初公開の我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか
背景のブルーと褐色の肌
ハロゲンの光でどう変化するのか今から楽しみです

東京へは7/3から

東京国立近代美術館でも「ゴーギャン展」を開催します。
※展示内容は異なります

会期 2009年7月3日(金)~9月23日(水・祝)
会場 東京国立近代美術館(千代田区北の丸公園3-1)
主催 東京国立近代美術館、NHK、NHKプロモーション
特別協力 ボストン美術館、名古屋ボストン美術館
Webサイト http://www.gauguin2009.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.06

ライティングフェア2009

最終日駆け足でライティングフェア見てきました
今年は前回あんなにうるさかった写真撮影がすんなり出来たので写真をアップします
折角の展示会写真は撮れないとね
今年はLEDのオンパレード、輝度の高い照明ばかりでウンザリ。個人的にはまだ興味ありません。
演色性や配光など照明器具の光源としてはもう少しですね
そんな中でベストブースは

トキ・コーポレーション

P1040513s P1040514s P1040515s P1040518s
P1040522s P1040525s
LED光源を使って光の質や使い方が共感できます
難しい光源だけに、使い方や開発思想が重要
トキの光に対する姿勢は十分評価されるものと信じます

次にマックスレイ
P1040539s P1040540s P1040542s
照明器具を唯一展示していたような
ペンダントやブラケットほっとします

フィリップス
カラキネを傘下におさめたことで今年からLEDの展示も力が入っていました
超パワーライトのLED.鏡面の反射板を一つずつつけて会場の天井余裕で照らしあげていました
これだけLEDだらけの展示会場CDMの光の質がずば抜けていました
P1040490 P1040493s P1040492s P1040499s
20wのRの電球もお手軽で良かった(コストが半分ならもっと良いのだけど)

こんなおみやげもゲット

P1040547s

遠藤照明
P1040500s
LED光源をメインに展示していました
施設照明に特化した器具は今後に注目です

パナソニック電工
P1040501s P1040505s P1040506s P1040507s
反射板で配光を広げていたLEDガーデンライト、裏からは見たくないかも。
オフィス用もLEDで展開していました、寸法の自由度はシステム天井への組み込みに使えますね。グレアもかなりがんばって押さえていました。
P1040508s
最近ハロゲンの代わりに活躍中の15Wタイプの蛍光灯
ほんとに明るく、小さくなりました。写真のクイックランプ蛍光管の真ん中にハロゲン電球を仕込んで蛍光灯の立ち上がりの悪さを補う商品、電球のハイブリット化です。

大光電機
P1040502s P1040503s P1040504s
LED中心の展示
器具としてはこれからですね、LEDの輝度を押さえるグレアレスキャップを付けたLED電球
必要だけど光量がかなり落ちます

東芝ライテック
P1040511s P1040512s
これが見たくて
定価10500円だそうです

コイズミ照明
P1040526s P1040527s P1040528s
LED器具が中心
前方へ強くでる光をレンズを使ってうまく制御していました、棚下照明の器具も平面レンズで光を制御。光の質はなかなかでした。

三菱電機オスラム
P1040530s P1040529s
電球型LEDありました東芝のと一緒??
FHTの電球が少しパワーアップ、コストも少しアップ
フィリップスの30000時間には及びませんが寿命の長いタイプでていました

ヤマギワ
P1040532s P1040533s P1040534s
デザインの良いスタンド等がありましたが使っているLEDの質は疑問
照明器具というよりデザイングッズなら納得
メインサインのシュートが暴れているのがすべてを物語っているような・・・・

その他のブースでの写真
P1040535s P1040536s P1040538s

冷陰極管のような細〜〜い細管
小糸のブースではLEDの街路灯(眩しすぎます)
有機ELラウンジ入りたくないけど記念にパチリ

良かったこと、写真を撮っても文句を誰にも言われなかった
悪かったとこ、ライティングフェアなのに光の質が最低な器具が多かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.04

カメラの見え方

Img_0081
このくらいの明るいお店が
レンズの絞り機能が不調で
Img_0091 Img_0080

こんな写真に
単純に絞りを絞った写真だけど
光を見るには都合が良い

人の目よりも光をはっきりと記録してくれる
美術館や、商業施設でデジカメで写真を撮ると、結構下手くそなライティングがばれてしまう

たまたまの露出不足
光があるれた環境もすっきりと整理されて光のチェックには結構良いかも

なんていわないで
早く修理をいたしましょう

こんな暗く見えるお店も個人的には良いのだけれど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »