« 東京藝術大学 大学院美術研究科博士審査展 | トップページ | 山本正道展 —刻まれた時の記憶— »

2009.01.09

新鬼流八道の建築 六角鬼丈展

Dscf3578s Dscf3581s Dscf3584s Dscf3587s

Dscf3588s Dscf3590s Dscf3592s Dscf3593s

Dscf3599s Dscf3594s_2 Dscf3600s Dscf3602s

六角先生の退任展が25日まで芸大大学美術館で開催中です
東京武道館(中段一番左の写真)の模型に南東方向から光を当てて内部を見ると・・・

是非ご覧下さい


新鬼流八道の建築 六角鬼丈展  

                                                                                     
会期:2009年1月8日(木)-1月25日(日)
月曜日休館 [ただし1月12日(月・祝)は開館 1月13日(火)は休館]
午前10時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場:東京藝術大学大学美術館 展示室3,4 (3階展示室)

 1960年代後期より、その作品によって独自の創作観念を表現してきた、建築家・六角鬼丈。 「新鬼流八道(じきるはいど)」を「自分がやってきたことを含めて、これから身を転ずべき方法」として定義し、 社会や人々を取り巻く、風土・歴史・身体・意識といった様々な要素を取り込んだ作品において、 その理想の姿を追求し続けています。
 また近年は、教育の現場において建築家として学生の指導にあたる一方、美術学部長として藝大美術学部固有の教育環境づくりを目指そうと、 地域や社会と繋がりのある新しい大学の在り方を求めて取り組んできました。
 本展では、そんな六角が現在に至るまでに行った建築設計、環境設計、都市設計、教育、執筆などの幅広い創作活動を 初めて総合的に紹介し、その根幹にある創造性を探ります。

観覧料:無料

|

« 東京藝術大学 大学院美術研究科博士審査展 | トップページ | 山本正道展 —刻まれた時の記憶— »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14423/43688129

この記事へのトラックバック一覧です: 新鬼流八道の建築 六角鬼丈展:

« 東京藝術大学 大学院美術研究科博士審査展 | トップページ | 山本正道展 —刻まれた時の記憶— »