« 第82回 国展 | トップページ | 「2008シルバーアクセサリーコンテスト」国立新美術館 »

2008.05.25

107年も切れない白熱灯

08051338505378thumb

蛍光灯には出来ない白熱球の実力ってことですか
実際に市販の電球でも寿命はかなり延ばすことが出来ます

普段購入する白熱電球は100V仕様ですが、110V仕様の電球を購入するだけど倍以上寿命を伸ばすことが出来ます
調光器を使用して白熱灯を調光すると
理論上は半分の明るさにすると孫子の代まで点灯し続けることが可能です
実際はフィラメントは振動に弱い為に外部からの振動で切れてしましますが、5年以上球切れしない白熱球にはお目にかかったことはよくあります(調光して使用)。
一日10時間点灯で普通の白熱球は9ヶ月程持ちますので、実際に調光を掛けて使用したときの寿命はかなり伸びることになりますね。
写真の電球もかなり低い電圧で使ったときとにていますね
消防署なのでオンオフが無い為に安定した使い方が出来
取り付けている建物もコンクリートの為、振動の影響も少ないのでしょう
したがって
後100年は点灯し続けると思います

引用記事
Livermore消防署の電球は、107年間も切れることなく灯りをともし続けているのだそうです。
ただ1回の例外は、1979年に消防本部から第6ステーションに移動した22分間のみ。退職した消防士で、今もこの電球を見守っているTom Bramellさん(写真の人)によると、この電球がこれだけ長持ちしているのは、昔の電気製造職人の技のたまものではないかとのこと。

    「たぶんメーカーが作った時に、とても上手にピッタリと密封したからだと思います。中は完璧な真空になっており、外気が入ることがないので、それが電球内を熱から守り、フィラメントを保護しているのではないでしょうか」

誰かが大事に作ったものを、他の誰かが大事に使う。新製品もいいけど、こういうのもいいですよね。

|

« 第82回 国展 | トップページ | 「2008シルバーアクセサリーコンテスト」国立新美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14423/41312516

この記事へのトラックバック一覧です: 107年も切れない白熱灯:

« 第82回 国展 | トップページ | 「2008シルバーアクセサリーコンテスト」国立新美術館 »