« 大丸東京新店の明かり | トップページ | ボストン美術館 浮世絵名品展 »

2007.11.20

蛍光灯使いますか?

最近、テレビやマスコミで省エネ対策の一環として、蛍光灯を一般家庭向けに進めています。
寿命やエネルギー効率の能書きにウソは有りません。

同じ光量を出すのであれば白熱球より蛍光灯の方が圧倒的に電気代はかかりません(20〜30%程度です)。
コストは15倍から20倍かかりますが・・・。
また光源から発生する熱も、夏場は冷房負荷の増大を招きます。冬場は暖房負荷を助けますが・・・。

光の質を比較すると、白熱電球は全ての波長を含んだ、少し違うけど太陽の光に近い(その為、人の見える波長以外の光も含む為、効率は悪い)。
一方、蛍光灯は、人が反応できる波長の光を使っている為、効率が良い(私たちは3つの色センサーしかもっていないので、その組み合わせで全ての色を脳が作っている)。

光の調整(調光)は、白熱灯は安価な調光器で明暗の調整が0〜100%までリニアに出来る。
蛍光灯は調光可能な器具を使うことによって30%位〜100%まで調整が出来るものも有る。

寿命は100%点灯の場合、白熱球が2000〜3000時間、蛍光灯は8000〜10000時間と、圧倒的に蛍光灯の寿命が長い。
しかし白熱球は調光して光を絞ると、電気代もほぼ同じように下がり、寿命は、50%位まで調光すれば、理論上孫の代まで球切れしない(フィラメントに振動を与えればすぐ切れますが)。

光の環境を考えたとき、「本当に効率の良い蛍光灯がベストなのでしょうか?」

多くの蛍光灯は現状では明るさの調整が出来ません。あなたの部屋で音量ボリュームのない電気の食わないラジオは皆さん使いたくないでよう(勿論使っても良いのですが)

皆さんが自分で着るものを選ぶとき、必ず効率の良い着物(エネルギーコストの少ないもの)を選ぶでしょうか? 勿論、TPOで着る服装の種類を選んでいますし、エネルギーを考えるのなら色や柄は無駄になりますよね。

資源を大切にする意識は皆さん持たなくてはいけませんが、生活の一番コアな部分の家庭の光環境を 効率の良さ や エネルギーコストの節約 に使って良いのでしょうか?

私は光の環境の重要性に気がついていないのが原因と・・・・
それ以外にエネルギーをたっぷりと浪費している事が沢山あるのに。
高照度の広告灯(凄い量のエネルギーを使っているんですよ)

暑い夏にスーツを着てる人(電車を冷蔵庫にしなくてはいけない)等々

光の選択肢を理解することによって快適で有るけれどもエネルギーコストを抑える生活は出来るはず。

マスコミや宣伝の短絡的な知識で選択肢を失わないようにしたいですね。

|

« 大丸東京新店の明かり | トップページ | ボストン美術館 浮世絵名品展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14423/17131477

この記事へのトラックバック一覧です: 蛍光灯使いますか?:

« 大丸東京新店の明かり | トップページ | ボストン美術館 浮世絵名品展 »