« 第71回 新制作展 | トップページ | 第53回 一陽展 »

2007.09.20

芸大「ICHIKEN展」

2007.9.20〜27 東京藝術大学大学美術館 陳列館・正木記念館
        「東京藝術大学日本画第一研究室発表展〜ICHIKENTEN」
http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2007/ichiken/ichiken_ja.htm

正木記念館は、和室で周囲を襖に囲まれた環境で、襖を閉めると真っ暗な空間になります。
そこに今年は4点の作品が展示されていますが、昨年に引き続きかなり暗めの設定で、昨年同様暗いとクレームがでるかも知れませんが、作品に対する光の要求はこの暗さで良しとしています。
作品にミニマムな光をあてることで良しとできる彼らの感性は、光を操ると言う観点からは、レンジの広い使い方ができ、私たちの感性とも近いものが有ります。
強すぎる光がどれほどの質感を損なうかを理解している彼らに拍手を送りたいと思います。

写真アップしますが三脚無しの10秒ほどのスローシャッターになっていますので、雰囲気を感じてください。
実際の作品をご覧になるのが一番ですね。

P1010419  P1010420  P1010421  P1010422

左から2番目の作品は和紙の透過光を見せる物で裏側にスプレッドレンズ付きのスポットライトを2台設置してバックライティングを行っています。

左から3番目は第一研究室の斉藤典彦先生の作品です。

|

« 第71回 新制作展 | トップページ | 第53回 一陽展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14423/16526069

この記事へのトラックバック一覧です: 芸大「ICHIKEN展」:

« 第71回 新制作展 | トップページ | 第53回 一陽展 »