« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007.02.22

第55回東京藝術大学卒業・修了作品展

Sotuten1_1Sotuten_2Sotuten2_1Sotuten3_1Sotuten4_4

 

 

 

2/15〜20芸大卒展用の照明調整を行ってきました。
タイトなスケジュールで不満も残りましたが、展示作品は見応えあります!
2/21〜26まで開催しています。
http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2006/sotsuten55/sotsuten55_ja.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.08

LEDも効率が上がってきました(日亜)

 照明用光源として最も効率が高いとされる高圧ナトリウム灯の一ワッ
ト当たり約百四十ルーメンを超えます。今後は一般の照明器具などにも
利用が広がりそうだと言われています。

 日亜は世界で使用されている白熱電球をすべて今回開発した白色LED
に置き換えると、全世界で940テラワット時の省エネ効果があり、理論
上は158基の発電用原子炉が削減できると試算しています。

----引用記事-----
発光効率150lm/Wの白色LED開発に成功

日亜化学工業株式会社は、1996年に白色LEDを商品化して以来、10年間の技術革新の成果として既存のどの光源よりも高い発光効率を達成することに成功いたしました。

ランプタイプLED(Type:NSPWR70)での発光効率が150lm/Wを達成し、この白色LEDの発光効率は、3波長蛍光灯(90lm/W)の1.7倍、白熱電球(13lm/W)の11.5倍で、最も発光効率の高いとされている高圧ナトリウム灯(132lm/W)をも凌駕しています。同LEDのIf=20mA駆動時の光束は9.4lm、色温度は4600Kとなります。

LEDの照明光源としての利用は緒についたばかりではありますが、うまく使いこなすことで、消費電力、メンテナンスコストを大幅に削減することが可能です。弊社は、手軽に利用できるLED光源の開発努力を更に強化し、社会全般に貢献できる製品の“ものつくり”に励むよう社員一丸となり一層努力する所存でございます。

本件に関するお問い合わせ先

日亜化学工業株式会社
広報担当
代表TEL:0884-22-2311
FAX:0884-23-7752

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸井シティ-2オープンです

Dscf1759

グラマラス モテ系のCity-2がオープンします
ファーサードのLED照明上手くできたでしょうか、イルミネーションにならないように色々考えましたが・・・・
一度遊びに行ってください

---引用記事---
マルイシティ新宿、建て替えで2館同時移転オープン
 マルイシティ新宿(新宿区新宿3、TEL-03-3354-0101)は2月9日、2店舗に分かれ移転オープンする。

 移転は、「現マルイシティ新宿」の建て替えによるもので、現店舗は移転後、解体工事に着工、新店舗は増床し現在のA館B館を一体化したものに生まれ変わる。オープンは2009年春を予定。

 移転後の名称は「マルイシティ-1」「マルイシティ-2」。マルイシティ-1は、新築ビル「新宿三丁目イーストビル」(新宿区新宿3)内地下1階~地上8階にオープンする。店舗面積は約9,400平方メートル。同ビル上層階にはシネマコンプレックス「新宿バルト9」が入居。同館は、新宿地域では初の試みとなる「レストランフロア」(8階)を設けるのが特徴。

 オープンするのは、イタリアンレストラン「トゥ・ザ・ハーブス」、ロシア料理店「マトリョーショカ」、しゃぶしゃぶ豚料理店「いのこ家」、中華料理店「銀座アスター ベルシーヌ新宿」、京都おばんざいの店「石塀小路 豆ちゃ」、寿司食べ放題店「高級寿司食べ放題 雛鮨」、ラーメン店「中華そば 青葉」の7店舗。年間売上目標は145億円。

 マルイシティ-2は、「マルイヤング新宿」地下1階に移転した「マルイフィールド新宿本店」跡にオープン。店舗面積は約2,700平方メートル。同館は、「グラマラス&モテ系」をコンセプトにしたレディスブランドを全館で展開するのが特徴。「ソフィスティケーテッド・サク」や「ロビンビュー」など新ブランドを導入するほか、プロデューサー・石田華乃子さんが手がけるセレクトショップ「The Show」を2階イベントスペースにオープンする。年間売上目標は35億円。

 建て替え終了後は「新マルイシティ新宿(仮)」がオープン。地下2階~地上8階建て、店舗面積は約14,600平方メートルを予定。オープンと同時にマルイシティ-1は閉店し、同館跡には丸井の新業態が入居を予定している。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »